今更ながらゆうちょで生体認証の登録をしてきたレポ

LINEで送る
Pocket

こんばんは。今日ゆうちょで生体認証の登録をしてきたのでレポートします。

メリット

生体認証の登録をすることで、セキュリティが向上し、ICキャッシュカードと暗証番号を盗まれたときも犯人が高額の現金を引き出すことができなくなります。

デメリット

指をけがしたりして使用できなくなると、認証ができなくなります。

必要なもの

  • ゆうちょICキャッシュカード
  • 通帳
  • 本人確認書類
  • 印鑑
  • 手の指2本

窓口で申込書を書く必要があります。

登録の方法

窓口で生体認証を登録したい旨を申告すると、上に挙げたもの(印鑑以外)を求められるので、渡します。すると、申込書を渡されるので記入し、印鑑を押して渡します。

次に、登録したい指を聞かれます。予め決めておくとスムーズです。ちなみに僕は右手の人差指、中指を登録しました。

指は4回読み取られます。端末は緑に光っていて、指を置くと青色で点滅します。完了すると青色で点灯するので指を離します。この作業を4回×2本すると登録作業は完了です。

窓口ではその後登録作業と書類の確認、ICカードへの書き込みを行うため、5-10分待たされますが、最後に確認書と申込書のコピーを渡されて終了です。

これだけではセキュリティは向上しない

設定してそのままにしていると、引き出し限度額は登録前と変わらないので、ATMかゆうちょダイレクトで引き出し限度額を変更します。

生体認証を行わない取引での限度額を0円にすると生体認証なしでは引き出せなくなりますが、Jデビットが利用できなくなります。考えて設定しましょう。

まとめ

窓口のお姉さんは滞りなくスムーズに処理してくれたため、登録自体にはそれほど時間はかかりませんでした。時間があればみなさんも登録してみてはいかがでしょうか。

LINEで送る
Pocket

“今更ながらゆうちょで生体認証の登録をしてきたレポ” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.